摘み入れ地点

ゲームプランナー見習いが得た知見を書いてガチャ代金を稼ぐ場所。

物作りをしているチームで広く意見を募集するのは基本正しくない

 

個人的に思うことがあったので書いておきたい。自戒も込めている。

タイトルに「物作り」という言葉を使ったが、ここではエンタメ制作全般を指すことばとして使っている。筆者はゲームプランナーなので、ゲーム全般の文脈で以下は話されているのでご容赦願いたい。

 

先に結論

  • 広く意見を募集すると、好みだけでものを言い出す人がたくさん出てくる。だから広く意見を募集するのは正しくない
  • そもそも広く意見を募集するという手法自体が悪手。広く意見を募集するのではなく、意見を求めたい分野について精通した人間を募集し、個別に意見を聞いた方が良い

理由

  • そもそも好みだけで判断できる人は、ごく少数のディレクターやプロデューサーなどの偉い人たちだけ
  • そうじゃない人間はそもそも好みで判断できる権限がないので、それが求められていない限りは好みだけでいう意見には価値がほぼない
  • なので、意見する場合は好みだけでものを言ってはいけない。これは大抵のゲームプランナーは皆分かっている部分だと思う
  • はい、私はできていませんね(だから書き始めました)。申し訳ないです
  • だが、広く意見を募集するとその辺分からないで「やった~!自分の好みを言えば誰かの役に立てる!」ってなって自分の好みを並べ立て始める人たちがたくさん出てくる。そういう人の意見は悲しいことにノイズにしかなり得ない
  • もちろん、普段議論しているメンバー以外の意見を取り入れたい、と思う場面はあると思う
  • が、そういう場面は広く意見を募集するというよりは、個別に意見を聞いた方が良い
  • そもそも本当に広く意見を募る必要性があるのか?そんなことほぼない印象
  • 上記ノイズをフィルタする意味で、先に意見を求めたい分野に精通した人間を募集し、その人間に個別に効く方が有意義

その他雑感

  • 広く意見を募集したくなる心理(多数決も含むかも)、責任を取りたくないという部分から湧いている気がする
  • 実際は全然そんなことないから、腹くくって決断しろ

 

こんな感じでしょうか。

ちなみに自戒部分は、広く意見求めがちな自分がいるのと、自分が喜々として好みを語りがちな部分があるのとで、自分で書いてブーメランが刺さりまくっています。反省しろ。

いずれにせよ頑張ります。